でこもりうたまるブログ 

買った!「パナソニック 旅ナビ CN-MH01L」レビュー!オークションで約4000円でした!2011年モデル!

   ↑  2013/11/02 (土)  カテゴリー: いろいろレビュー!


買った!「パナソニック 旅ナビ CN-MH01L」レビュー!オークションで約4000円でした!2011年モデル!

Panasonic ポータブルSDトラベルナビゲーション 旅ナビ CN-MH01L
Panasonic ポータブルSDトラベルナビゲーション 旅ナビ CN-MH01L

今回は2011年モデルの
「パナソニック 旅ナビ CN-MH01L」
を楽オクで落札しました!

価格は約4000円で
送料含めても5000円以下でした。

記事を書いているのは
2013/11/01
ですので開封動画を撮影してから
1ヶ月程度使用した感想も
書こうと思います。




スペック
・本体サイズ:78(幅)×137(高さ)×14(奥行)mm
・重量:170g
・LEDバックライト
・静電式タッチパネル
・4.3型TFT液晶(480×272ドット)
・8GBのmicroSDカードに地図情報と、旅行ガイドブック「タビハナ」の情報33冊分(約7800件)を収録。
・リチウムイオンバッテリー 1240mAh 取り外し可能 品番:N4FUYYYY0015




■使用感
「とにかく軽い!」
初めて持ったとき
軽さにビックリしました!
見た目はデカいスマホって感じなのですが
中身はスカスカなのかと思うほど軽いです!
これなら手で持って歩いても
疲れないかと思います。

それでもiPhone4Sよりは重く
CN-MH01L:170g
iPhone4S:140g
となっています。


「電池持ちが良い!」
これはかなり良い印象です!
スマホだとGPSを使うと
すぐに電池切れになってしまう事が多いですが
この「CN-MH01L」は
・ナビゲーションで約4時間
・ナビゲーション(省電力モード利用時)で約9時間
となっており
どこかに遊びに行っても
十分1日持ちます!
LEDバックライトなど省電力にも拘っている印象ですね。


「GPS測位」
GPSはちょっとでも
周りにビルが多かったりすると
ダメみたいです。
室内の窓際でも厳しい感じでした。
だけど外に出ると
スムーズに30秒~1分ほどでGPS測位できます!
車でも試してみましたが
助手席に座って旅ナビを起動したら
30秒程度で測位できました!

しばらく使ってみた感じは
高い建物に囲まれていたり
室内でなければ
意外とスムーズに測位できて
問題なく使用できています。


「タッチパネル」
一応「静電式」という
スマホと同じタイプのタッチパネルを使っていて
任天堂DSみたいにタッチペンは必要ありません。
指で軽く触れるだけで十分操作できます!
だけで地図をスワイプしてスクロールしたいときなど
反応がイマイチかなぁと思う事がよくあります。

なのでただ押すだけなら反応は良好ですが
スワイプが必要な
地図のスクロール
内蔵されているガイドブックのページめくり
などの際にちょっとイライラします・・・


「街並みスコープ」
この機能は本体を縦にすると
カメラが自動起動して
実写の街並みにある
ビルやお店に案内表示が出て
店名などが表示される機能なのですが
これは意外と面白いです!
田舎では意味がなさそうですが
都内など建物が多い地域で使用すると
面白そうです。

ちなみにこの機能は初期状態だと
自動起動OFFになっているので
本体を縦にした際に自動起動させるには
設定で自動起動をONにする必要があります。


「歩行者用と車用の切り替えが可能!」
このナビは基本は歩行者用みたいで
初期状態では歩行モード(おでかけウォーク)
という縦画面表示になっていますが
これをOFFにすると
横画面表示に切り替わり
カーナビとして利用できるようになります。

歩行者用ではアイコンで
地下鉄の入り口・トイレ
エレベーター・バス停
などをわかりやすいアイコン表示をしてくれます。

カーナビとして利用すると
・料金案内
・ETC拡大図表示
さらに車両情報設定で
ナンバーの種類
車両の長さ・幅・高さ
を設定する事により
有料道路の料金計算・駐車場検索を
利用できたりします。


「カーナビとしては?」
まずカーナビとして使うには
車載用のスタンド・シガー電源ケーブル
が必要になります。
純正の「車載キット CA-FK040D」は
10,500円と高価なので
アマゾンで安いナビスタンドと
互換品のシガー電源ケーブルを
購入するのがオススメです。
旅ナビ CN-MH01L用 シガー電源ケーブル DC電源 1.4M 2.5A ノイズ対策済み
旅ナビ CN-MH01L用 シガー電源ケーブル DC電源 1.4M 2.5A ノイズ対策済み

これを用意すれば一応
カーナビとしても
まともに利用できると思います。


「USB端子はminiUSB」
USBの形状はminiUSBになっていて
最近のスマホに使われている
microUSBではありませんが
それでも100均などで普通に
miniUSBケーブルが売ってますし
汎用タイプの形状なので
miniUSBケーブルを用意すれば
USBのモバイルバッテリーで
充電もできると思います。

旅ナビの公式HPでは以下の製品
「QE-PL203-K/-W」
「QE-QL202-K/-W」
で充電が可能と表記されています。
http://panasonic.jp/car/tabinavi/products/MH01L/lineup/index.html

↑の公式HPで
「ナビ電源ONだと充電時間が長くかかります」
と記載があるので
給電も問題なさそうですね。




「ちょっとイマイチなトコロ」
・音量調節の物理ボタンがない・・・
物理ボタンは
電源とカメラのマクロ切り替えスイッチだけです。
なので案内音量の調節は
メニュー画面から
音量設定画面を開いて操作する必要があり。
基本的にボリュームは固定で使う事になります・・・

一応このナビは
車でも歩きでも使えるので
車の中と外で周りの環境に合わせた
ボリュームの調節が必要になると思いますが
それがメニュー画面を開かないとできないので
毎回イライラします・・・
この点だけちょっとダメですね・・・

歩行者用として使っていても
周りがガヤガヤしてるところだったり
静かな住宅街だったり
周りの状況にあわせて音量を簡単に調節したいですね。
イヤホンも使えないのでちょっと困りますね。

それ以外は特に不満はありませんでした。


僕は気になりませんでしたが
よくパナソニック製のナビで言われている事ですが
「ルート検索」がおかしくて
かなり遠回りなルートを案内される事があったりします。
僕の場合は現在地確認用って感じで
どこか出掛けるなら
事前にグーグルマップなどで
ある程度、経路を頭に入れてから出かけるので
問題ありませんが
完全にナビ任せにする方にはオススメできませんね・・・
ナビはおもちゃという感覚で使っているので
変なルート案内をされたりしても
こんなもんかなぁと思って使ってます。



という事で今回は
「パナソニック 旅ナビ CN-MH01L」
の簡単なレビューでした!
サイズが一般的なスマホとほぼ変わらないので
自転車用スマホスタンドとかを購入すれば
自転車用ナビとしても使えそうです!
ネットで検索すると
実際に自転車で使ってる方もいるみたいですね。
色々な用途に使えるので
1台あると役立ちそうです!
それではまたねん!
関連記事

web拍手 by FC2

(記事編集) http://dekomoriutamaru.com/blog-entry-993.html

2013/11/02 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |