でこもりうたまるブログ 

買った!SEAGATE ST3000DM001 [3TB SATA600 7200]開封レビュー!ソフマップ秋葉原本館で購入!

   ↑  2013/09/04 (水)  カテゴリー: PC自作関係


買った!SEAGATE ST3000DM001 [3TB SATA600 7200]開封レビュー!ソフマップ秋葉原本館で購入!

Seagate 3.5inch 3.0TB 7200rpm 64MBキャッシュ SATA3.0 ST3000DM001/N
Seagate 3.5inch 3.0TB 7200rpm 64MBキャッシュ SATA3.0 ST3000DM001/N

今回はソフマップ 秋葉原本館で
購入してきた
SEAGATE ST3000DM001 [3TB SATA600 7200]の
紹介です!

記事の下の方に
速度や温度の測定結果も載せてます。



スペック
容量:3TB
回転数:7200rpm
キャッシュ:64MB
1TBプラッタ×3



この3TBのHDDがソフマップだと
1万円を切って\9,980でした!
でも広告の品だったみたいで
通常価格だと2000円ほど高くなるみたいです・・・

僕はこのHDDを半年ほど前にも
数台購入して毎日使用しているのですが
不具合などもなく
普通に使用できています!

音や発熱も
特に問題なく
普通のHDDレベルに収まっている感じです。

ちなみに僕の場合
「裸族のビキニ」という商品を使い
HDDを裸で使用しているのですが
冷却ファンなしでも
故障などもなく使用できています。
ただし夏は基本エアコンつけっぱで
室温は最高でも29度に設定して
常にエアコンを使用しています。
人がいなくても
PCが動いていれば
エアコンも稼動です・・・

いくら大量のファンをつけても
30度超えの部屋では
HDDが故障しやすいので
夏場はエアコンが欠かせません!
人間と同じで
いくら扇風機をフル回転させても
エアコンがあった方が快適です!
HDDもエアコンがないと
暑くて死んでしまいます・3・
暑い部屋で熱風を送っても無意味です・・・

逆に超極寒地域では
寒すぎてHDDが故障する場合もあるらしいので
適切な室温で使うようにするといいです!

数年前までは電気代が掛かるので
真夏でもエアコンなしで
一日中PCを使用して
何時間も掛かるファイルのコピーとかを
32~35度程度のサウナみたいな部屋で
作業していた事もあるのですが
1年に1、2台は死んでたので
やはり室温は大事です!

もちろんHDDを冷やす冷却ファンや
HDD用ヒートシンクなんかも
あるといいかもしれませんが
PCを使うときは
常にエアコンで室温を管理!
電気代は高くなりますが
これはしかたない出費というか
HDDがイカれて
復旧作業をしたりすることを考えると
PCとエアコンは常に同時稼動にしたほうが
全然マシだし時間の無駄もなく
エコではないけど
最善の策みたいな感じなのです><
HDDが死ぬくらいなら
電気代とか多少高くても
とか思っちゃうので・・・
温度管理は大事です。
僕は室温30度超えると
危険ゾーンだと思っていて
これは自分で勝手に決めているのですが
できれば28度とかにエアコンを設定して
おくといい気がします。

といっても
大量の動画ファイルを
日常的に扱っているので
僕みたいなのは
かなり特殊な人だと思いますけど・・・

かなり話が脱線しましたが
SEAGATE ST3000DM001 [3TB SATA600 7200]
をアキバのソフマップで買ってきたよー
という話でしたー!


最後に
SATA2接続でベンチ!
SATA3接続じゃないから
イチイチということではなく
SATA3で接続しても
HDDには限界があるので
SATA2接続で十分みたいです。
でも通常使用では
特に不満は感じない転送速度です。

「CrystalDiskMark 水晶雫」
130904004946.jpg

「CrystalDiskInfo 水晶雫」
室温27度ですがHDDは38度!
裸族のビキニで使用していて
冷却ファンなしなのでこんな感じです。
アイドル時でも室温より10度くらいは高いですが
アクセス時でも数度しか上がらないので
まぁ特に問題ないかなって感じです。
僕の場合今のところ室温27~29度で
上がってもHDD温度42度とかで収まってます。
130904004212.jpg


個人的なレビューなので
間違っている内容などもあるかもしれませんが
ご了承ください。
それではまたねん!

センチュリー 裸族のビキニ HDD用スタンドキット CRBK2
センチュリー 裸族のビキニ HDD用スタンドキット CRBK2
関連記事

web拍手 by FC2

(記事編集) http://dekomoriutamaru.com/blog-entry-934.html

2013/09/04 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |