でこもりうたまるブログ 

「ジョルノクレア AF54」エンジンが冷えてるときのエンスト解決!キャブレター調整方法!AF55にも対応!

   ↑  2015/02/05 (木)  カテゴリー: ジョルノクレア
R0013222-2.png

「ジョルノクレア AF54」エンジンが冷えてるときのエンスト解決!キャブレター調整方法!AF55にも対応!



今回はジョルノクレア AF54のキャブレター調整方法です!
アイドリング調整・パイロットスクリュー調整の方法をご紹介します!
「クレアスクーピー AF55」にも応用できると思います。
「スマートDio AF56」にも応用できそうです。
調整ネジの位置が同じみたいなので参考にしてください。
ネットの情報なので保証はできませんが・・・

1ヶ月ほど前に中古で購入したジョルノクレアは
エンジンが冷えているときにエンジンを掛けるとセル一発で掛かるのですが
掛かって5秒ほどで回転が落ちていき
ドッドッドッドッ、ドッ、ドッ、ドッ、ストン・・・
という感じでエンジンがストールしてしまいます。。。
一回エンストすると2回目から掛かりにくくなります。

一応エンジンを掛けて即発進すれば
加速は悪いですが一応進みました。
だけど最初の信号待ちでエンストする事も多かったです。
いつも焦ってエンジン掛けなおしてましたが・・・

しばらく走行して一度エンジンが温まれば
特に問題なくエンジンも掛かりますし
アイドリングも安定するのですが
また次の日の朝にはほぼ必ずエンストしてしまいます。


今回はこのような状態のジョルノクレアがキャブ調整で
快適に乗れるようになったので詳細な手順を紹介しようと思います。
以前紹介したカブはキャブ調整とエアクリ交換で
信号待ちでのエンストが解決しました!

ジョルノクレアもキャブ調整の前に
エアクリの新品交換をオススメします。
僕の場合はエアクリ清掃済みの中古を買ったのですが
外してみたらやはりかなり黒くなっていて汚れがあったので
ホンダドリームで新品のエアクリを注文し自分で交換しました。
+ドライバー1本でエアクリ交換はできるので
今度手順を紹介しようと思います。
ジョルノクレア純正エアフィルター☆▼新品未使用!AF54(GEE)
ジョルノクレア純正エアフィルター☆▼新品未使用!AF54(GEE)

エアクリ交換の記事作りました↓
「ジョルノクレア AF54」エアクリーナー新品交換!


エアクリ交換をしたらエンストする問題はだいぶ改善したのですが
それでも完璧ではなかったので今回紹介する「キャブ調整」もしたら
ほぼエンストすることがなくなりました!
ただし真冬の早朝などかなりの冷え込みだと
エンジン始動直後に30秒ほどスロットルを2~3ミリくらい開けて
暖気しないとエンストしてしまう事が稀にあります。
これは冬だとある程度仕方ない事だと思うので暖気してから乗るようにしてます。
一度30秒ほどの暖気をすればその後は信号待ちでのエンストもなく
アイドリングは非常に安定していて絶好調になりました!
昼間にエンジンを掛ける場合は数日乗っていなくても
すぐに安定したアイドリングになりエンストする事はなかったです。
※2015/2/15追記
稀にあった早朝のエンストですがアイドリングを若干高めに調整したら完全解決しました!
下で紹介するパイロットスクリューの調整後に
アイドリングを上げたり下げたり微調整してください。
冬場は若干高めのアイドリングがいいみたいです。



今回紹介するキャブ調整方法は
原付をバラす必要もないので
「+ドライバー」と「D型のパイロットスクリュー調整ドライバー」
だけで調整が可能です。
中古で買った場合はこの調整をすると
かなり調子がよくなると思います!

一応購入したバイク屋の方に話を聞いてみると
「オートチョークの利きがイマイチだからオートチョークを新品交換すれば直ると思うよ~」
みたいな事をおっしゃっていたのですが
分解してチョークニードルを確認してみても
普通に動くし見た目は問題なかったので、とりあえず新品交換する前に
エアクリ交換とキャブ調整をしたら解決してしまいました。
オートチョークを買う前に直ってよかったです。
因みにネットで調べてみるとオートチョークは新品だと4300円ほどするらしいです・・・
意外と高い・・・
でもオートチョーク交換をすればもっと調子が良くなるのかも知れませんので
そのうち機会があれば自分で交換してみたいと思います。

※素人によるメンテ記事なので試される場合は自己責任でお願いします。




■必要なモノ!
・+ドライバー
長めの物がオススメ!
100均でも売っています。

・D型パイロットスクリュー調整ドライバー
ホンダの排ガス規制後のキャブ車についているD型のパイロットスクリューを
回すための専用ドライバーです。
送料含めると約2000円しますがクレアのキャブ調整には必須!
【NO2603】パイロットスクリュー調整ドライバー (ホンダDタイプ)
【NO2603】パイロットスクリュー調整ドライバー (ホンダDタイプ)

IMG_0332.jpg
IMG_0333.jpg
IMG_0334.jpg
IMG_0341.jpg




■ジョルノクレア キャブレター調整方法!
アイドリング調整とパイロットスクリュー調整をしていきます。

1.エンジンを温める!
しばらく走ってきてエンジンを完全に温めてください。
エンジンが冷えているとうまく調整できません。


2.アイドリングを少し高めにする!
エンジンが温まったらエンジンを掛けた状態でアイドリング調整をします。
メットインの中の小さいゴムキャップを外し
その穴の奥に+のネジがあります。
その+ネジを
右に回すと:アイドリング回転数が高くなる
左に回すと:アイドリング回転数が低くなる
という事で少し右に回してアイドリング回転数を上げてください。
IMG_0347-2.jpg

IMG_0347.jpg

IMG_0348.jpg


3.次はパイロットスクリュー調整!
IMG_0341-3.png
車体左側面のエアクリボックスの左側の奥を覗きます。
すると奥の方にキャブが見えると思います。
なんか+のネジで留まっているパーツの左奥に
D型のパイロットスクリューがあると思います。
それをなんとか見つけて回して調整していきます。
IMG_0342-2.png

うまく見つけられたら
パイロットスクリュー調整ネジの横にあるパーツの
+ネジを一旦外しておきます。
これを外さないとうまくD型ドライバーを差し込む事ができませんでした。
IMG_0344-2.png

IMG_0346-2.png

うまくD型ドライバーを差し込めたら
右に最後まで軽く締めこみます。
キツく締めこむと壊れるので注意!
次に左に緩めていくのですが
これをパイロットスクリューの戻し回転数というみたいです。
パイロットスクリューは
締めこむと:混合気が薄くなります
緩めると:混合気が濃くなります
これを調整します。
混合気が薄すぎるとエンジン焼きつきの原因になるので注意が必要です。
逆に濃すぎる場合は1度エンストするとプラグがかぶり2度目から何度セルを回しても
中々掛からなくなったりします。。。

・ジョルノクレア AF54
・クレアスクーピー AF55
パイロットスクリュー戻し回転数:2回転~2-3/4回転戻しの間・・・
ネットで出てきた情報なので正確な規定値はわかりませんが
この範囲で調整しているかたが多いみたいです。
※僕のジョルノクレアは2-3/4回転戻しで一番調子が良くなりました!
僕は初めに2-3/4回転戻しを試す事をオススメします。

ネットでは2回転戻し・2回転半戻し・2-3/4回転戻しなど
いくつかの情報が出てきましたがホンダのサービスマニュアルに載ってる規定値は不明です。
なので調整は自己責任でお願いします。

・スマートDio
スマートDioの場合は2回転戻しという情報が多いみたいなので
2回転戻しでいいと思います。

1回転戻しくらいでエンジンを掛けて
ゆっくりと2-3/4回転戻しまで回していくと
アンドリング回転数が高くなる位置があると思います。
回しすぎたらちょっと戻したりして微調整してください。
一番アイドリングが高くなる位置に合わせます。

といっても正直素人が音だけで判断するのは厳しいので
難しかったらとりあえず2回転戻しでしばらく乗ってみて
調子がイマイチだったら2回転半戻しでしばらく乗ってみて
それでもダメなら2-3/4回転戻しで乗ってみるというのもいいかも知れません。
一度走ってみたり、エンジンが冷えてるときにエンストを繰り返さないかどうかなど
しばらく乗ってみないとよくわからない事もあるので
丁度いい位置を見つけるまで時間が掛かると思います。
IMG_0346-4.png

しっかりと調整できたら
外しておいたパイロットスクリュー横にある+ネジを取り付けておきます。


4.アイドリングを再度調整する!
パイロットスクリューの調整をしたあとは
アイドリングが高くなっていると思いますので
タイヤが元気に回らない程度までアイドリングを下げておきます。
僕の場合はタイヤがゆっくりと回る程度で止めています。
タイヤがほとんど回らない程度までアイドリングを下げると
エンジンが冷えてるときのアイドリングが不安定になる事もあるので
丁度イイ位置に調整するには何度か弄る必要があると思います。
冬はエンスト防止にちょっと高めのアイドリングでもいいと思います。


5.試験走行!
安全な道を走ってみて
加速・エンブレの利き具合などを確認してください。
エンブレが利かない場合はアイドリングの上げ過ぎかも知れません。
加速が悪い場合などはパイロットスクリューを微妙に左右に調整し直す
必要もあるかも知れません。

調整後も不具合がある場合は別の問題も考えられるので
エアクリの新品交換などを試してみてください。

特に問題なければ
エンジンが冷えてるときにもチェックしてみて
エンストしなくなっていれば完璧です!




という事で今回はジョルノクレア・クレアスクーピーの
エンジンが冷えているときにエンストしやすい問題を解決する方法でした!
中古で買った原付でキャブ調整とエアクリ交換をしたら
かなり調子が良くなるというのが僕の場合は2台連続で続いたので
カブでもスクーターでもキャブ車の場合は調整をオススメします!
パイロットスクリューの戻し回転数は車種により異なりますのでご注意ください。
それではまたねん!
関連記事

web拍手 by FC2

(記事編集) http://dekomoriutamaru.com/blog-entry-1213.html

2015/02/05 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |