でこもりうたまるブログ 

「Wii-PC化計画 その25」スリム光学ドライブ USB2.0バスパワー駆動でDVD書き込み検証!USB2.0×2本でDVD書き込みもできた!

   ↑  2014/01/02 (木)  カテゴリー: Wii-PC化


「Wii-PC化計画 その25」スリム光学ドライブ USB2.0バスパワー駆動でDVD書き込み検証!
USB2.0×2本でDVD書き込みもできた!

[Panasonic] スロットイン方式  スリムDVDスーパーマルチドライブ SATA接続 UJ-8C5
[Panasonic] スロットイン方式 スリムDVDスーパーマルチドライブ SATA接続 UJ-8C5

今回はWii-PCに内蔵しているスリムDVDドライブが
USB2.0×2本から電源を取って
USBバスパワー駆動で読み込み・書き込みが可能なのか
検証してみました!

USB2.0の出力は1コネクタにつき
DC5V 500mA
なので2本使っても合計で
DC5V 1Aという事になります。
ただしこの出力は使用する機器により若干変わるらしいです。
USBケーブルを延長したり
かなり長いケーブルだったり
USBハブを使用したりすると
電圧降下によりバスパワー駆動させるのが厳しくなります。
なので使用環境により
同じUSB2.0でも出力電圧が変わるのでご注意ください。




■検証に使用したパーツ
・Intel NUC DC3217IYE
Intel NUC(Next Unit of Computing) Kit QS77 Expressチップセット Intel Core i3-3217U搭載マザーボード(D33217GKE)キット BOXDC3217IYE
Intel NUC(Next Unit of Computing) Kit QS77 Expressチップセット Intel Core i3-3217U搭載マザーボード(D33217GKE)キット BOXDC3217IYE

・Panasonic スロットイン方式 スリムDVDスーパーマルチドライブ
「UJ-8C5」
[Panasonic] スロットイン方式  スリムDVDスーパーマルチドライブ SATA接続 UJ-8C5
[Panasonic] スロットイン方式 スリムDVDスーパーマルチドライブ SATA接続 UJ-8C5

・Slimline SATA→USB2.0変換基板:「DC-SS/U2」に付属の変換基板
変換名人 スリムドライブ用ドライブケース USB2.0接続 [ SATA接続ドライブ専用 ] DC-SS/U2
変換名人 スリムドライブ用ドライブケース USB2.0接続 [ SATA接続ドライブ専用 ] DC-SS/U2

重要なパーツはこんな感じです!




■検証内容
検証は
「UJ-8C5」というスリムDVDドライブに
「Slimline SATA→USB2.0変換基板:「DC-SS/U2」に付属の変換基板」
を取り付けてUSB2.0×2本で
データ転送・電源供給を可能にしました。
使用したUSBケーブルは「DC-SS/U2」に付属のUSBケーブルです。


ドライブから出ているUSB2.0×2本を接続するのは
「Intel NUC DC3217IYE」
のマザーボードに付いているUSB2.0ポートです!
Wii-PCのケースにある位置は
内部の1ポートをデータ転送用(一応電源も取っている)
背面の2ポートある内の1ポートを電源供給用
として使いました!
合計でUSB2.0を2本使用して電源を取っています。

この環境でWii-PCにインストールしてある
Windows7 64bitを起動させて
DVDの書き込み・読み込みが可能なのか検証します。

書き込みに使用したソフトは
「ImgBurn」というフリーのライティングソフトを使いました。
書き込むデータは僕の動画のISOファイルです。
動画が入ったISOファイルを
USB2.0バスパワー駆動で書き込めるのか検証しました。




■検証結果
USB2.0×2本からの電源供給のみで
スリム光学ドライブをUSBバスパワー駆動させて
どうなったのか!

・スロットイン方式のスリムドライブなのですが
ディスクの吸い込み・排出は問題ありませんでした!

・「ImgBurn」でDVDの書き込み検証をした結果は
僕の動画の入ったISOファイルを
DVDに問題なく書き込む事に成功しました!

・WMPで書き込み完了したDVDを再生してみると
普通に動画を見る事ができました!
再生中にシークしてもスムーズに動いてくれます!
エラーもなくしっかり書き込みができてました!


という事で
USB2.0×2本から電源供給する
USB2.0バスパワー駆動で
スリムDVDドライブを動作させる事は可能で
DVDの書き込み・読み込み、どちらも安定動作しました!




なんとUSB2.0バスパワー駆動で
普通にDVDの書き込みまで出来てしまいました!
一般的にはネットで調べたりしても
USB2.0×2本だと電力不足で
DVDの書き込みはできないとか
DVDの再生はなんとかできる場合もあるけど
使用する機器によっては
DVDの動画が再生途中に止まったりするみたいな
動作が不安定になるという情報が多いです。

なので環境により
USBバスパワー駆動で使える場合・使えない場合が
あると思います。
今回問題なく使えた理由は正直よくわかりません。
NUCのマザーボードに付いている
USB2.0ポートの出力電圧が一般のPCと比べて高かったのか
Panasonic スロットイン方式 スリムDVDスーパーマルチドライブ
「UJ-8C5」の消費電力が非常に低かったのか
「Slimline SATA→USB2.0変換基板:「DC-SS/U2」に付属の変換基板」
の変換効率みたいのが良かったのか
正直よくわかりませんが
この組み合わせで使用した場合は
消費電力の多いDVDの書き込みをしても
問題なく動いてくれました!
検証してからしばらく使っていますが
今のところDVDドライブの不具合は起きてません。
本当にUSB2.0×2本のバスパワー駆動で普通に使えています!
前回の検証動画ではiPad用USB充電器を使用したりと
無駄な事をやってしまった感じはしますが
あれはあれで勉強になったのでよかったです!

最終的にUSBバスパワーで動作したので
USBケーブルを外部に出す必要はありませんでしたね・・・
ケース内部に
・USB2.0×1ポート
・USB2.0ピンヘッダ2ポート分
あるのでUSBケーブルを
外部に出す必要はなかったです・・・
今度分解する機会があれば
配線を内部だけに納まるようにしたいと思います。

とにかくこれで安心して
NUC付属のACアダプターのみで
Wii-PCを使うことができます!
検証してみてよかったです!
それではまたねん!
関連記事

web拍手 by FC2

(記事編集) http://dekomoriutamaru.com/blog-entry-1057.html

2014/01/02 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |