でこもりうたまるブログ 

M325開封レビュー!Unifyingレシーバー 追加デバイス接続方法!「LOGICOOL ワイヤレス レーザー式 3ボタン ダークシルバー M325DS」

   ↑  2013/12/09 (月)  カテゴリー: PC周辺機器


M325開封レビュー!Unifyingレシーバー 追加デバイス接続方法!
「LOGICOOL ワイヤレス レーザー式 3ボタン ダークシルバー M325DS」

LOGICOOL ワイヤレス レーザー式 3ボタン ダークシルバー M325DS
LOGICOOL ワイヤレス レーザー式 3ボタン ダークシルバー M325DS

今回は
「LOGICOOL ワイヤレス レーザー式 3ボタン ダークシルバー M325DS」
の開封レビューです!

このマウスはロジクールの
Unifying(ユニファイング)対応ワイヤレスマウスです。
※タイトルの商品名はアマゾンの商品名に合わせていますが
実際にはレーザー式ではなく光学式マウスです。

価格はアマゾンで1,673円で買いました!
※2013/11/02時点での価格です。

価格コムの売れ筋ランキングは
2013/12/09現在:14位となっていました。
僕が購入したときより下がっていますが
レビュー数の多い大人気マウスです!




仕様
・タイプ:光学式マウス
・接続方式:ワイヤレス(Unifying)
・ボタン数:5
・解像度(カウント) :1000 dpi
・その他機能:チルトホイール(横スクロール)
・幅x高さx奥行:57x40x95 mm
・重さ:93 g




使ってみた感じは
大きさは若干小さめです。
ホイールはカチカチしないタイプで
スルスルと回ります。
ホイールを横に倒す事もできるので
ブラウザの戻る・進むなどを簡単に操作できます。

クリック感は程よい感じで
浅くも深くもなくいい感じです。
クリック音はカチカチという普通の音がします。

電池は単3を1本使用します。
一応メーカーHPには最大18ヶ月持つと記載されてますが
実際には半年~1年程度みたいです。
それでも十分持ちますね!

このマウスは「LGT」という
「レーザーグレードトラッキング」という
技術が採用されてるみたいですが
レーザー式ではなく光学式マウスです。
レーザーと光学式の違いはマウスパッドなしでも
反応するというくらいで
大きな違いはありません。




「マウスの電池持ちについて」
このマウスはロジクールの公式HPに
131207163117-3.jpg
「電池寿命が最大18カ月間なので、電池交換の手間が省けます。
スマートスリープモードおよびオン/オフスイッチによって電池を節約する一方で、
急な電池切れの心配を解消する電池残量インジケーターも備えています。***」
と記載されています。

機能を一覧にすると
・スマートスリープモード
・オン/オフスイッチ
・電池残量インジケーター
が搭載されています!

「電池残量インジケーター」というのは
「電池残量が充分な場合、電源を入れてから10秒間、緑に点灯します。
電池残量がわずかになると、赤く点滅します。」
という機能らしいです。

とにかく普段使わないで放置しているときは
自動でスリープモードになり
持ち運ぶときは電源スイッチでオフにできるので
電池を無駄に消耗しません!
さらに電池残量インジケーターで残量を確認できるので
いきなり電池切れで困る事もありませんね!




「Unifying追加デバイス接続方法!」
131207163117-2.jpg

僕は今回、以前購入した
ロジクールのワイヤレスキーボード「K270」
LOGICOOL ワイヤレスキーボード Unifying対応レシーバー採用 K270
LOGICOOL ワイヤレスキーボード Unifying対応レシーバー採用 K270
「K270」に付属していたUnifyingレシーバーに
今回買ったマウス(M325)を追加で接続しようと思ったので
その方法を簡単に解説します。

ちなみに元からセットで売られている製品であれば
接続設定はしなくても
レシーバーをPCのUSBポートに挿すだけで
自動で認識して使えるようになります!

今回はセット品ではなく
別の製品に付属していたレシーバーに
今回買ったマウスを追加で接続する方法を書きます。

まず「Unifying」というのは
ロジクールのマウス・キーボードなどの製品を
無線で接続するための規格で
一つのレシーバーに最大6台までのデバイスを同時接続可能です。

では追加デバイス接続方法ですが
1.下のURLから「Unifyingソフトウェア」をダウンロードしてインストールします。
http://www.logicool.co.jp/ja-jp/promotions/6072

※インストールする前に「Unifyingレシーバー」を
PCのUSBポートに接続した状態にしておいてください。
USBハブを使用していると失敗する事がありますので
できればUSBハブの使用は避けてください。

2.インストールしてソフトを起動すると接続画面が出てきます。
utamarud-2013-12-09-20h29m22s232.png
デバイスの電源を「オフ→オン」に切り替えるように指示されるので
電池を入れたデバイスのスイッチを「オフ→オン」に切り替える事で
自動で認識されて使えるようになります!

これだけでデバイスの追加は完了です!
次からはPCの電源をオンにするだけで普通に使えます!




という事で今回は
ロジのワイヤレスマウス「M325」の
開封レビューとUnifyingの追加デバイス接続方法でした!
ロジクールのマウス・キーボードは質もいいし
1つの小型レシーバーでマウスもキーボードも接続できちゃうので
PCのUSBポートがスッキリして最高です!
それではまたねん!

LOGICOOL ワイヤレスキーボード Unifying対応レシーバー採用 K270
LOGICOOL ワイヤレスキーボード Unifying対応レシーバー採用 K270
関連記事

web拍手 by FC2

(記事編集) http://dekomoriutamaru.com/blog-entry-1030.html

2013/12/09 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |